晴れ、ときどきリンゴ

MOOMIN RECOLLECTIONS(ムーミンリコレクションズ) の
オリジナルデザインの一つです。

トーベ・ヤンソン生誕100周年を機に発表されたムーミンリコレクションズは今冶産のタオルからシリーズが始まりました。その一つ「晴れ、ときどきリンゴ」は、りんごが降る中ムーミンが傘をさして平然と歩いている様子を描いています。私達の世界では起こりえないことでもムーミンの世界では起きてしまう。そんなことを想像させるデザインです。
そのデザインが引き継がれ、今回の食器シリーズが作られました。マグカップやライスボウルではいろんなムーミン谷のキャラクターが登場し、リンゴを拾ったり、つまみ食いをしたり、思い思いにリンゴは降る森の中を楽しんでいます。

ライトグレー
ムーミンを中心にしたデザインです。ムーミン一家のみんながせっせとジャムを作るためのりんごを拾い集めています。作ったジャムはガラスびんにいれて冬眠から目覚めたときの大切な食料にします。ソフスもムーミンの後を追いながらみんなのまねっこをしています。
ピスタチオ
スナフキンを中心にしたデザインです。スナフキンもスニフもスティンキーもそれぞれが好き勝手にりんごを眺めたり持ち出したりしています。
トフスランとビフスランは宝石のようなりんごを見て喜び、めそめそはりんごが降る中元気に走り回っています。
ピーチ
リトルミイを中心にしたデザインです。ムーミンたちのご近所、フィリフヨンカは子供達にりんご拾いのルールを教えているようです。ムーミン一家のお手伝いさん、ミザベルがりんごを必死に拾い集める中、リトルミイは気にせずむしゃむしゃとりんごをつまみ食いしています。